武士の奉公 本音と建前: 江戸時代の出世と処世術 (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642057936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 欲は奉公の源、泰平の世をしたたかに生きた武士たち。
    平和の続く江戸時代、戦功をあげる機会がなくなり「役人」として生きることになった武士たち。上司に取り入り出世を勝ち取る者、保身や人間関係に配慮する者など、したたかに生きようとした彼らの「働く思い」を読み解く。(2015年刊)
    ・戦功をあげられない武士たちの働く思い―プロローグ
    ・家臣の立ち位置
    ・慎みとやる気
    ・ 人事の要件
    ・人と金
    ・思いを記す家臣たち
    ・武士の欲求膨張とコントロール―エピローグ
    ・あとがき

    人事の仕組みやシステムの話を期待していたが、思想史的な内容であり、望んでいたものと違っていた。幕府や諸藩の事例が紹介されているが、広く薄い形となっており、深く掘り下げられているわけではないのも残念。消化不良の一冊でした。

全2件中 1 - 2件を表示

高野信治の作品

武士の奉公 本音と建前: 江戸時代の出世と処世術 (歴史文化ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする