倭人への道: 人骨の謎を追って (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642058025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蜿、莠コ鬘槫ュヲ閠?′縲∬?霄ォ縺碁未繧上▲縺滉クュ蝗ス繧?す繝ェ繧「繧?律譛ャ蜷?慍縺ョ逋コ謗倩ェソ譟サ縺ョ菴馴ィ薙r蜈?↓閠?ッ溘@縺溘?∝商莉」譌・譛ャ莠コ縺ョ繝ォ繝シ繝?r蟾。繧狗樟譎らせ縺ァ閠?∴蠕励k讒倥??↑蜿ッ閭ス諤ァ縲よ眠遏ウ蝎ィ莠コ縺ィ邵?枚莠コ縺ォ髢「縺励※縺ッ縲?⊆莨晏ュヲ逧?↓縺ッ縺セ縺?騾?サ「縺後≠繧翫◎縺?□縺代←縲∝圏譁ケ縺ィ蜊玲婿荳。譁ケ縺ョ繝ォ繝シ繝医°繧画律譛ャ蛻怜ウカ縺ォ譛?蛻昴?譌・譛ャ莠コ縺梧擂縺溘?縺ッ謠コ繧九′縺ェ縺輔◎縺??らュ????邵?枚譎ゥ譛滂ス槫シ・逕滓掠譛溘?蜿、莉」莠コ鬪ィ縺瑚ヲ九▽縺九▲縺ヲ縺ェ縺??縺ァ縲∵ク。譚・莠コ豬∝?隱ャ縺ォ縺ッ諛千桝逧?↑遶句?エ縺?縺代←縲∫ァ大ュヲ閠?→縺励※豁」縺励>蟋ソ蜍「縺?縺ィ螂ス諢溷コヲ縲ゅす繝ェ繧「繧?アア譚ア逵√?鬪ィ謨エ逅??隧ア縺碁擇逋ス縺九▲縺溘?

  • 倭人への道 中橋孝博 吉川弘文館
    人骨の謎を追って

    例えば人間はイブと名付けられたアフリカに端を発する
    一人の母から地球中に広がったという
ミトコンドリア遺伝子の説にしろ
同時多発的に生まれたという説にしろ
人間の原点が後向きな損得ではなく
前向きな冒険に目がないということに納得がいき
未来への可能性を取りもどせてほっとする

    西洋からの目線で言うと
    アメリカ大陸を除いて東の果となる日本列島に
    インド経由の南路線やシルクロードや
    海回りの東南アジア経由あるいは
    モンゴールやシベリヤからの旅人などが
    吹き溜まって何万年と自由自在で補い合える
調和を目指す秩序を保って暮してきた縄文人に
    その後稲作文化の発生とともに日本中に広がった
    倭人とも呼ばれた大和弥生人による固定的な枠組みによる
社会的な秩序〜
    こうした縄張り関係によって現代に至った結果は見えるが
    この時この地域に何が起こってどう変化したのか
    そのプロセスを知ることは難しい

    その謎に挑んだミステリックな謎解きがこの本である
    友好的な渡来説や侵略説や文化の移入説など様々あるなかで
    少数の渡来者が持ち込んだ水田と言う産業が依存社会を生み出し
    忙しさと共に衣食住の安定供給を可能にしたため
    渡来者達と混血した人工が爆発的に増え
    在来の縄文人の狩猟採集文化を引き継ぐ人々を凌ぐ勢力に
膨れていったという穏便な説もある

    いずれにしても中橋さんは状況を広くとらえながら
    新たな証拠となる発見を期待して
    今の時点の事実と推測を伝える事を大事にしているのである

  • かつてリーキー博士や鈴木尚先生の本を読んで興味を持っていた古人骨研究、久しぶりに最近の研究を読みました。
    著者の世界各地現場へ出向いて重ねた地道な研究に基づく解説はとてもわかりやすく、その熱意にこちらもワクワクさせられました。
    特に前半、アジアへの拡散~旧石器時代人~縄文人がおもしろかった。(自分はこの時代が全般的に好きなので)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、奈良県に生まれる。九州大学大学院博士課程中退。現在、九州大学名誉教授。博士(医学)。主な編著書に『倭人への道』(歴史文化ライブラリー)、『古代史の流れ』(共著、岩波書店)、『Ancient people of the Central Plains in China』(編著、九州大学出版会)などがある。

「2019年 『日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中橋孝博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クロード・レヴィ...
安藤 礼二
服部 英雄
ハワード グッド...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×