江戸無血開城: 本当の功労者は誰か? (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642058704

作品紹介・あらすじ

戊辰戦争で、幕臣の勝海舟が官軍総大将格の西郷隆盛と会談を行ない、江戸は戦火から救われたとされる。だが、最大の功労者は海舟ではなかった。会談前に駿府の敵中に乗り込んだ山岡鉄舟と、将軍徳川慶喜の絶対的な信頼をもとに、鉄舟を推薦した高橋泥舟。開城前後の二人の動向を当時の情勢とともに追い、知られざる江戸無血開城の真実に鋭く迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 勝海舟より山岡鉄舟や高橋泥舟が江戸城無血開城に貢献したという本書。海舟は美味しいところを占めた?のか扱いは厳しい。

    山岡と高橋は親戚同士の旗本。足利學校で高橋について観て、光地院で山岡について観た気がする。彼らについても読んでみたい。

  • ・1868年3月9日 山岡鉄舟と西郷隆盛の駿府会談で江戸の無血開城はほぼ決まった(慶喜の処遇だけは留保して復命)
    ・1868年3月13日14日 海舟・鉄舟と西郷の最終確認。西郷が新政府に赴き最終決定
    鉄舟は義兄弟の泥舟が推薦。(高邁なる幕臣 高橋鉄舟)泥舟は慶喜が唯一信任していた。
    勝海舟の罠 水野 し

  • 東2法経図・6F開架 210.61A/I96e//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

岩下哲典(いわした・てつのり)東洋大学文学部教授。

「2020年 『東アジアの弾圧・抑圧を考える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩下哲典の作品

ツイートする
×