六国史以前: 日本書紀への道のり (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642059022

作品紹介・あらすじ

日本古代史の基本史料として絶対的な古事記と日本書紀。だが、古代には?記紀?以外にも数多くの史書が存在した。帝紀・旧辞、天皇記・国記、上宮記など、いまでは本文がほとんど伝来していない史書をとりあげ、周辺の諸史料や政治過程からその実態に迫る。史書としての古事記を批判し、「六国史」以前の豊かな古代史書の世界へと誘う注目の書。

著者プロフィール

富士見丘中学高等学校教諭。日本古代史。
〔主な著作〕「長屋王の「誣告」記事と桓武朝の歴史認識」(『日本歴史』667,2003年)・「国史編纂の資料と作業」(『歴史学研究』826,2007年)・「天皇記・国記考」(『日本史研究』605,2013年)・「古代国家の形成と史書」(『歴史評論』809,2017年), 他多数。


「2018年 『日本書紀の誕生 編纂と受容の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関根淳の作品

六国史以前: 日本書紀への道のり (歴史文化ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする