日本赤十字社と皇室: 博愛か報国か (歴史文化ライブラリー 505)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642059053

作品紹介・あらすじ

戦争の悲惨さが増した近代、西欧社会でうまれた赤十字運動は日本にどう根付いたのか。皇室の全面的な保護のもと、標章はキリスト教を由来としない非宗教的なものであると強調し、その戦時救護活動が普及。日露戦争から第二次世界大戦にいたる過程で、国際主義と国家主義のはざまに立ち、国民統合装置としてゆるやかに近代日本を支えた側面を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本赤十字社…現代の私達にとっても
    他に類を見ない独立した存在

    献血事業を担うのはなぜなのか、
    災害時の募金先として唯一無二である存在は
    なぜなのか…
    このあたりの素朴な疑問から手に取った本

    見慣れない、聞き慣れない単語も多く、
    私の知識不足もあり、時折、読み方すら
    調べながら読んだ。

    プロローグから、
    生と死のはざまに直面する人間ならではの難題…
    が読者にも問われる。
    極限状況で、人間が人間をいかに守ったか、
    守らなかったかという問題…
    戦時や紛争時だけでなく、
    身近に起こる災害や事故でも同じ。
    自分はどうふるまうべきか…
    考えなくてはいけないと思った。
    「人間を救うのは人間だ」

  • 東2法経図・6F開架:369.1A/Ko89n//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

こすげ・のぶこ
1960年東京都生まれ。山梨学院大学法学部政治行政学科教授。
専門は近現代史、国際関係論、平和研究。
上智大学文学部史学科卒業、同大学院文学研究科史学専攻博士課程終了。
ケンブリッジ大学国際研究センター客員研究員を経て現職。
戦争と人道、戦後・植民地支配後の平和構築と和解を巡る問題に取り組む。

主著:『放射能とナショナリズム』(彩流社)、
『戦後和解―日本は〈過去〉から解き放たれるのか』(中公新書、
石橋湛山賞受賞)、『14歳からの靖国問題』(ちくまプリマー新書)、
『ポピーと桜―日英和解を紡ぎなおす』(岩波書店)ほか。
共著:『戦争と和解の日英関係史』(法政大学出版局)、
『東京裁判とその後―ある平和家の回想』(中公文庫)、
『歴史和解と泰緬鉄道 英国人捕虜が描いた収容所の真実』(朝日選書)
ほか。
2015年夏迄に、『原典で読む20世紀の平和思想 岩波現代全書』
(編著、岩波書店)、『歴史問題ハンドブック』(共著、岩波書店)を
刊行予定。

「2022年 『「慰安婦問題」という屈辱(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小菅信子の作品

ツイートする
×