ものがたる近世琉球: 喫煙・園芸・豚飼育の考古学 (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642059121

作品紹介・あらすじ

周辺地域の影響を受けつつ独自の発展をとげた琉球諸島。日本列島が江戸時代を迎えていた頃、琉球ではどのような文化が育まれていたのだろうか。近世遺跡の発掘調査を元に、歴史考古学の手法から、近世琉球文化史に挑んだユニークな一冊。喫煙・園芸・豚飼育といった三つの事象を掘り下げ、思想・風習・制度・行動・価値など往時の人々の日常に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:219.9A/I75m//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年、千葉県に生まれる。2008年、東京大学大学院人文社会系研究科考古学専門博士後期課程単位満了退学。現在、城西大学経営学部准教授 ※2020年12月現在
【主要編著書】『島瓦の考古学』(新典社、2010年)、「近世琉球王国と東アジア交流」(『岩波講座日本歴史20 地域論』、岩波書店、2014年)

「2020年 『ものがたる近世琉球』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井龍太の作品

ツイートする
×