六波羅探題 (歴史文化ライブラリー 535)

著者 :
  • 吉川弘文館
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642059350

作品紹介・あらすじ

承久の乱後に京都に置かれた鎌倉幕府の出先機関、六波羅探題。洛中の治安維持と裁判を担い悪党の鎮圧を任されるなど、西国統治に重要な役割を果たした。北条一門の有力者が任命され、執権・連署に次ぐ重職とされた実態はいかに。朝廷や大寺社とも折衝しつつ、機能を整えていった変遷を辿り、政治家としての力量が問われた探題北条氏の姿を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 承久の乱後に設置された六波羅探題と重役に就いた北条一門の有力者の実態を描いた本。
    探題には有能な人物が選ばれており、北条氏は得宗以外も人材が豊富であることがわかります。
    得宗家から疎まれた名越一門の高家のあっけない戦死が、足利尊氏に裏切りをきっかけを与え、六波羅滅亡、北条氏滅亡に繋がっていく歴史の皮肉です。

  • 承久の乱の戦後処理・占領軍的性格だった初期から滅亡に至るまでの六波羅探題について、歴代の北方・南方探題についた北条一族それぞれの履歴を主軸に通史が丁寧に解説される。京都の警察的役割やまつろわぬ寺社強訴勢力への対処、六波羅探題を支えた探題被官や在京人・官僚についても詳述される。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1961年、神奈川県生まれ。1983年、國學院大學文学部史学科卒業。1989年、國學院大學大学院博士課程単位取得退学。現在、國學院大學非常勤講師、博士(歴史学) ※2021年11月現在
【主要著書】『六波羅探題の研究』(続群書類従完成会、2005年)、『北条重時』(吉川弘文館、2009年)、『小田原北条氏権力の諸相』(日本史史料研究会、2012年)、『中世の武家官僚と奉行人』(同成社、2016年)

「2021年 『六波羅探題 京を治めた北条一門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森幸夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×