源平の争乱 (戦争の日本史6)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.73
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642063166

作品紹介・あらすじ

武家の棟梁をめざし、熾烈な争いを繰り広げた源氏と平氏。歴史のロマンあふれる源平合戦の全貌とその時代を描く。一ノ谷合戦「坂落とし」の真相に迫り、また戦の中の民衆の姿を描くなど、源平争乱の歴史的意味を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主に「玉葉」をベースに、源平の争乱を再検討したもの。「平家物語」などで語られる“ヒーローの活躍”の各場面が実はどうだったのかを検証している。詰まるところ、“反”判官贔屓ということか。

  • 前史にあたる保元・平治の乱から平氏の滅亡までを扱う。主要な事件・戦闘だけでなく、各地でおきた反乱などもフォローされていて、単純な源平の対立だけではない戦乱の様相が感じられる。

  • 平家物語はフィクションの部分はあると思うが、そういう部分を抜きにしても源平合戦の時代は面白いな。
    義経にスポットが当たりがちではあるが、特筆すべきは頼朝の独創的な政治能力。清盛は、従来の天皇・貴族の政治体制に乗っかっただけな感が強いが、頼朝は鎌倉に半独立した政権を作って、全国を2重支配体制から徐々に武家主導に変えて行った。武士主導の政治は、明治維新まで600年以上続くわけで、その礎を築いた頼朝すげーって感じ。

  • 源平争乱という史実自体の面白さもありますが、冨士川の戦いや一ノ谷の戦いなどに関する新たな視点を始め、一貫した上質な論考で、同時代を扱ったものの数多くの書籍のなかでも特筆されるべき本のうちの一冊であると思います

  • 2009.3.1読了

全5件中 1 - 5件を表示

上杉和彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×