鎌倉府と室町幕府 (動乱の東国史)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642064446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Lv【初心者】~【中級者】
    ・太田道灌や古河公方足利成氏の一世代前って?
    ・鎌倉府って何?
    ・鎌倉公方/関東管領って?
    ・足利持氏ってよく出てくるけど誰?

    こんな疑問の方にオススメかな。

    【親世代】
    上杉氏陣営(関東管領上杉憲実ら/室町幕府)vs鎌倉公方

    【息子の世代】
    上杉氏陣営(家臣として太田道灌ら)vs古河公方、の因縁(享徳の乱)

    本書はこの【親世代】の内容だな

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年,神奈川県に生まれる。1985年,中央大学文学部卒業。1988年,中央大学大学院博士前期課程修了。2000年,明治大学大学院博士課程後期課程修了。現在,都立高校教諭。 ※2013年12月現在
【主な編著書】『鎌倉府体制と東国』(吉川弘文館,2001年)。「南北朝・室町期の南武蔵領主の様態と前提」(清水亮編『畠山重忠』戎光祥出版,2012年)。

「2020年 『鎌倉府体制と東国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小国浩寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
丸山裕之
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×