東日本の動乱と戦国大名の発展 (列島の戦国史 5)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642068529

作品紹介・あらすじ

16世紀前半、東日本では古河公方の内紛と連動した戦乱から、戦国大名の衝突へ変化する。伊達・上杉・北条・武田・今川・織田―大名間「外交」と国衆の動静を軸に、各地の情勢を詳述。戦国大名確立の背景に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦国初期の東日本について。家中統制や外交についてかいている。

  • 最新の所在はOPACを確認してください。

    TEA-OPACへのリンクはこちら↓
    https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=BB00595237

  • 和睦・同盟・そして破綻・・・。
    ままならぬ国境地帯での衝突ー戦国大名に求められた「力量」とは?
    十六世紀前半、東日本では古河公方の内紛と連動した戦乱から、戦国大名の衝突へ変化する。伊達・上杉・北条・武田・今川・織田ー大名間「外交」と国衆の動静を軸に、各地の情勢を詳述。戦国大名確立の背景に迫る。(2021年刊)
    ・戦国大名の戦争と「外交」ープロローグ
    ・一 東日本戦国時代の転回
    ・二 古河公方の分裂と小田原北条氏
    ・三 中部・東海地方の戦国大名
    ・四 甲駿相三国同盟の成立と長尾景虎
    ・五 戦国大名「国家」の内実
    ・六 文化と宗教の伝播
    ・七 進展する地域統合と大名領国の再編
    ・戦国大名を動かしたものーエピローグ

    大変な労作である。現時点での集大成と言えるのかもしれない。総花的な感もあるが
    本書を読んで興味を持った部分を他書で補えばさらに理解が深まるであろう。

  • 東2法経図・6F開架:210.47A/R28r/5/K

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1977年、大阪府に生まれる。2005年、慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。現在、東京都市大学共通教育部准教授、博士(史学) ※2021年1月現在
【主要編著書】『戦国大名武田氏の権力構造』(思文閣出版、2011年)、『戦国大名の「外交」』(講談社、2013年)、『真田四代と信繁』(平凡社、2015年)、『武田勝頼』(平凡社、2017年)

「2021年 『東日本の動乱と戦国大名の発展』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸島和洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
黒田基樹
丸山裕之
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×