古代日本語発掘 (読みなおす日本史)

著者 :
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642071499

作品紹介・あらすじ

古代の日本語は、中国より伝わった漢字で表記されたが、実際はどのように読まれてきたのか。漢文を読解する際に付された訓点(返り点、読み仮名)を集成して検討し、ヲコト点や仮名なども含めて歴史的実態に迫る名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1925年 東京世田谷に生まれる。1952年 東京大学文学部大学院満期退学。中央大学助教授、東京大学助教授・教授、中央大学教授を歴任。1996年 日本学士院会員。2011年 没
【主な編著書】『平安時代の漢文訓読語につきての研究』(東京大学出版会、1963年)、『国語の歴史』(東京大学出版会、1977年)、『平安時代の国語』(東京堂出版、1987年)、『平安時代訓点本論考研究篇』(汲古書院、1996年)、『歴史的仮名遣い』(吉川弘文館、2014年)

「2021年 『古代日本語発掘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

築島裕の作品

古代日本語発掘 (読みなおす日本史)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×