中世武家政権と政治秩序

著者 :
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642727693

作品紹介・あらすじ

武家政権は律令的官位制を取り入れ、主従関係の媒介とした。また官途授与の返礼や慶事の贈与交換は「礼」と呼ばれ、政治権力の形成と維持のための契機となった。 この2つの視点から、中世の政治秩序を解明する。

著者プロフィール

1967年山形県に生まれる。1995年東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、東京大学史料編纂所准教授・博士(文学)。 ※2015年5月現在
【主な編著書】『中世武家政権と政治秩序』『織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ―』『記憶の歴史学―史料に見る戦国―』『織田信長〈天下人〉の実像』

「2020年 『中世武家政権と政治秩序』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子拓の作品

中世武家政権と政治秩序を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×