幕末・明治期の陵墓

著者 :
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642736725

作品紹介・あらすじ

幕末・明治期に古墳が陵墓へと決定・管理される過程で、 周辺の村々にはどんな影響が及んだかを検証する。また、明治政府の施策の背景にある思想・理念に踏み込んで、 陵墓政策を解明。陵墓研究の新たな潮流を示す。

著者プロフィール

1957年、東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士(後期)課程単位取得修了。調布学園女子短期大学日本語日本文化学科専任講師を経て、現在、成城大学文芸学部教授。博士(文学、成城大学)。著書に『幕末・明治期の陵墓』『天皇陵の近代史』『事典陵墓参考地』(吉川弘文館)、『天皇陵の誕生』(祥伝社)、『検証天皇陵』(山川出版社)ほか。

「2019年 『天皇陵 「聖域」の歴史学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外池昇の作品

幕末・明治期の陵墓を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×