カラー図解 これ以上やさしく書けない銃の「超」入門

著者 :
  • ワン・パブリッシング
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784651201535

作品紹介・あらすじ

オートマチックって何が自動? 弾丸はどれくらい飛ぶの? シングル・アクション、ダブル・アクションって何? 銃にまつわる疑問107をイラストとともに見開きワンテーマでわかりやすく解説するオールカラー銃入門。ガン・アクションが見られる映画・ドラマの名シーンも多数紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルの通りに非常にわかりやすい解説書。
    更には映画やドラマで使われた銃についてのコラムもあり、この読み応えで税込748円は素晴らしい。
    ここ数年で人気急上昇のFPSで武器が気になる人にもオススメしたくなる。

    解説作品
    ・パトリオット
    ・アメリカンスナイパー
    ・イントゥザブルー
    ・ターミネーター2
    ・ダーティハリー
    ・トゥームストーン
    ・未来惑星ザルドス
    ・24
    ・ニキータ
    ・バックトゥザフューチャーPART3
    ・ザ シューター/極大射程
    ・ロードオブウォー
    ・ヒート
    ・ターミネーター
    ・プレデター
    ・ブラックホークダウン
    ・マトリックス
    ・マッドマックス2
    ・RONIN
    ・007 ゴールデンアイ


全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小林宏明(こばやし・ひろあき)
金沢大学人間社会研究域学校教育系教授
1999年筑波大学大学院心身障害学研究科修了。博士(心身障害学)。1999年より筑波大学心身障害学系準研究員、2001年より同助手を経て、2002年より金沢大学教育学部助教授、現在に至る。専門分野は言語障害教育。主な研究テーマとして、吃音がある幼児から成人の評価および指導・支援法開発に取り組んでいる。
幼少から吃音があり、高校から大学院時代の前半にかけては、上手く発話ができないことに悩む時期を過ごすが、その後吃音は徐々に軽快化する。現在でも、発話の流暢性の問題が見られたりうまく話せないことに悩んだりはするものの、日常生活にあまり支障がない状態となっている。2000年から吃音者のセルフヘルプグループである茨城言友会に所属する。その後、金沢大学に赴任した2002年からは石川言友会に所属し、活動に参加している。

「2019年 『イラストでわかる子どもの吃音サポートガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林宏明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×