ちびっこカムのぼうけん (新・名作の愛蔵版)

著者 :
制作 : 山田 三郎 
  • 理論社
3.72
  • (7)
  • (6)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652005033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 次男冬休み読書用。
    ロシアのカムチャッカを舞台とした創作児童文学。
    作者の神沢さんが「オホーツク海の向こうにカムチャッカ」の樺太出身のため、子供の頃、そして大人になってから聞いたカムチャッカの伝説などを元に作ったとのこと。
    お話に出てくる、山頂で窯を煮立たせている大鬼の伝説、海に聳えたつ三つの岩、などは実際にあるものだそう。

    「火の山のまき」
    村の少年カムは病気の母と二人暮らし。
    北の山に生えるイノチノクサを取に行ったきり帰ってこない。
    北の山のてっぺんには、大鬼ガムリイが大釜を炊き、山からは火と煙を吐いていた。
    ちびっこのカムは母を助けるため、北の山に登る決意をする。
    一緒に育ったカモシカのプルガ、オオワシのかあたんとその家族たち、そして白い花に変えられた女の子のチャピナ…
    彼らの力を借りて小さいカムは威勢よく大鬼ガムリイに立ち向かっていく。

    「北の海のまき」
    大鬼ガムリイの指輪を手に入れたちびっこカム、次はガムリイによりクジラに変えられた父を助けに北の海に向かう。
    人間に戻ったチャピナの村のトナカイのタワ、暴れシャチ、北の海に聳える三つの岩のトリブラチー兄弟。
    出会い助けられ戦い、カムは進んでゆく。

  • 他の方の感想で、神沢利子さんの名前があって思い出しました。大好きだった本。2,3年前に夜な夜な子どもに読んでやったりしましたが、長かったので、はて、読み聞かせ向きだったかどうか・・・?北の雄大な自然を舞台に、少年カムが、病気の母さんを治すイノチノクサを探すため、山に登り、海を渡ります。トナカイ、クマ、ジネズミ、オオワシなどたくさんの仲間の力を借り、大男や怪物三兄弟と戦い、その途上、行方不明になっていた父さんのことも次第に明らかになっていきます。とにかくスケールの大きな冒険物語です。

  • 昔話をベースにした冒険もので、今だったらRPGに近い設定。
    旅の途中で仲間が増えて、戦いのとき特技で加勢してくれる。万能の宝を手に入れるが、なくす。宝を誰が手に入れるかで世界が変わる、って「指輪物語」に似てる。
    昔読んでたら面白かったかもね。
    でも今の子どもに、これがゲーム以上に面白いかは正直言ってわからない。
    カムチャッカを舞台にしているところは、この物語の最大の長所だと思う。カムチャッカって、容易に行けるところではないけど、絶対に行けそうにないわけでもない。
    東京や江戸ではこういう神話的世界は嘘っぽいが、カムチャッカなら本当にありそうな気がする。
    山田三郎の絵も良いが、ガムリイがあまり強そうでないのは残念。
    同じような冒険ものとしてはプロイスラーの「大力ワーニャ」の方が好きだし、面白いと思う。
    神沢利子の冒険はやさしい。ちょっと女性的で甘い。
    そこがいい、って人もいるんだろうけど。

  • 誰が選んだか分からないけど小学校の時に手にした本。大きくなって歴史とか民俗に興味を持ってから、ふとカムの着てた民族服を思い出して読み直した。当初はただストーリーに一喜一憂しながら読んで、主人公がどこでどんな価値観をもってどんな生活してたとか、もちろん何の民族か、アイヌが何を信仰してるかなんて考えたことなかったので、今回また新しいカムを知りながら一緒に冒険の旅をした。そして子供小説だからと甘くみてたが不覚にも感動して涙でた。侮り難し!
    いつから民俗学を好きなんだろうかと不思議に思ってたけど、この本が一番最初に民俗というものにふれたメディアだったと思う。20140714

  • 神沢利子さんのルーツ。
    北方民族への畏敬の念が込められた、ファンタジー。

    ちびっこカムの勇気ある冒険譚にわくわくどきどきしながら、どんどん読み進む。

    大きい字で書かれた、まぎれもない子ども向けの冒険活劇。
    しかし、物語の壮大さ、その展開のスリリングなこと、神沢さんの語り手としての才能がほとばしる。

    そして、最後は、月に跳び乗って、北斗七星をひっくり返す大暴れぶり。

    「私は、どうしていいかわからなくなって、どんどん飛んでいってしまったりするのよ」
    というようなことを、いたずらっぽいほほ笑みを浮かべながら話していた神沢さんを思い出しながら、とてつもなく楽しい気分になれる。

  • 多摩図書館が編集した、子どもへの読み聞かせに適した推奨本の一冊。

    「いろいろなタイプの少し長い物語」としてあげられたなかの、「冒険を描いた物語」として紹介。

    「子どもを本好きにする10の秘訣」>「冒険・ファンタジー」で紹介された本。

  • 仲間を自分で増やしながらその力をかりて冒険していく様子にわくわくします。

  • トナカイに萌えた。

  • 小学生の頃に母から贈られた本だった。
    男の子向けじゃんと思いつつ
    読んだら面白くて大好きに。
    冒険に、北の国に、夢中になって
    想像を膨らませたものだった。

    大人になった今、また読んでみたいかも。

  • 小1のときに実際の人形劇で見てからしばらくずうっと好きだったお話。なんか泣かせるんだ。みんなが健気で。もう一回読みたい

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1924年福岡県生まれ。文化学院文学部卒業。詩人・児童文学者。少女時代を樺太(今のサハリン)ですごす。日本児童文学者協会賞、日本童謡賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化大賞などを受賞多数。作品に『くまの子ウーフ』(ポプラ社)『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)『はけたよはけたよ』『あひるのバーバちゃん』(以上、偕成社)『たまごのあかちゃん』(福音館書店)など作品多数。

「2014年 『やさいのともだち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちびっこカムのぼうけん (新・名作の愛蔵版)のその他の作品

神沢利子の作品

ツイートする