はりねずみイガー・カ・イジー (イガー・カ・イジー物語)

著者 :
  • 理論社
4.17
  • (7)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652007518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おひゃくしょうさんのくまのダウンヒルさんが、
    はりきりイガーかよわむしなイジーか
    二つの名前を持つ一匹のはりねずみと、
    一緒に暮らすことになったお話。

    作・おの りえん(小野 里宴)
    1959年東京生まれ。
    上智大学文学部卒業、同大学院で心理学を学ぶ。その後教育相談所の心理相談員として、子供たちと接する。現在は創作に専念。

    画・久本直子
    1971年大阪生まれ。京都市立芸術大学美術学部卒業。同大学院日本画を終了。本書が初めての挿絵の仕事となる。

    2003年7月第一刷発行

    イガー・カ・イジー物語 シリーズ有り

  • くまのダウンヒルさんは、捨てないで取っておいた秋の栗のイガから小さなハリネズミを見つけました。
    ハリネズミはピッと立っている時ははりきり屋のイガー、丸まってビクビクしている時は弱虫イジー。2つの名前と性格をもつハリネズミ。そんなイガー(もしくはイジー)にダウンヒルさんはお仕事を頼みます。

    とっても可愛くて心あたたまるお話。ダウンヒルさんが、だれかのために夕食を作るのも、誰かを家にとめるのもはじめてでとてもわくわくする、そのくだりがすごく好き。

  • 2重人格のはりねずみを題材にしたなかなか、おもしろい話でした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年、東京生まれ。上智大学文学部心理学科、同大学院修士課程修了。教育相談所、心理相談員を経て、現在は絵本、童話の創作をしている。絵本に『よくばりぎつねのじろろっぷ』(たるいしまこ絵 福音館書店)、『4にんのこえがきこえたら』(はたこうしろう絵 フレーベル館)、童話に『でんでら竜がでてきたよ』(伊藤英一絵 理論社)、『なきむしおにごっこ』(降矢奈々絵 ポプラ社)、『てんこうせいはワニだった!』『きっちり・しとーるさん』(ともに こぐま社)、『ぼくのドラゴン』(森環絵 理論社)など多数。

「2020年 『わっはは ぼくの なつやすみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おのりえんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×