ドングリ山のやまんばあさん

著者 :
  • 理論社
3.94
  • (30)
  • (26)
  • (26)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 417
感想 : 24
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652011447

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「やまんばあさん海へ行く」
    もあります。
    海へ行くという夏っぽい表紙ですが
    海へ行って学校へ行ってクリスマス
    の3本立て。

  • やまんばあさんがめっちゃつよかった、ぼくだったら会いたくない。
    ※図書館で借りた本

  • どんな大きなかいぶつでもペットにしちゃうところがおもしろかった!

  • ハチャメチャなやまんばあさん。大人が読むと何故こんな外国語を知ってる?とかツッコミを入れたくなってしまうが、小1女子に読み聞かせると好評。字が結構多いので自分で読むなら中学年、夏の終りから秋頃向き。

  • [Z会3年推薦]

    100年ぶりに人間の住む町に来たやまんばあさんが見つけた、「よろいのような体を持ち、短い足をグルグル回して走る生き物」ってきっと車のことだよね!

  •  ドングリ山に住む296歳の山姥、やまんばあさんのお話。
     山姥なのに、めっちゃ陽気で、無邪気で、親切。
     嵐が来たときの喜びようと言ったら。
     1人で何役もやりながら、嵐の海の難破船ごっこをやるやまんばあさん、かわいすぎる…。

     も~やまんばあさん、大好き。
     富安さんの作品の中で、このシリーズが一番好きかも。

  • 無邪気なやまんばあさんの様子がとても楽しいです。

  • 元気いっぱいのやまんばあさん。
    車を追いかけられるのは、ひゃあーやっぱ怖いかな(笑)
    おともだちも出来て、一緒に過ごした時間の楽しい気分や、お別れするときの淋しい気分もやまんばあさんには
    初めての気持ちだったのかもしれないな。

  • ≪県立図書館≫

    やまんばあさん、かわいい楽しい!
    恐れる必要無し!だけれど、
    車とレースされたら、やっぱ怖い気持ちになっちゃうかな。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。1991年『クヌギ林のザワザワ荘』(あかね書房)で第24回日本児童文学者協会賞新人賞、第40回小学館文学賞を受賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズ(偕成社)で第15回新美南吉児童文学賞を受賞、2001年『空へつづく神話』(偕成社)で第48回産経児童出版文化賞を受賞、『盆まねき』(偕成社)により2011年第49回野間児童文芸賞、2012年第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞、2021年『さくらの谷』(絵・松成真理子 偕成社)で第52回講談社絵本賞を受賞。絵本に「やまんばのむすめ まゆのおはなし」シリーズ(絵・降矢なな 福音館書店)、「オニのサラリーマン」シリーズ(絵・大島妙子 福音館書店)などがある。

「2023年 『そらうみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富安陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×