最後のひと葉 (オー・ヘンリーショートストーリーセレクション 5)

制作 : 和田 誠  O. Henry  千葉 茂樹 
  • 理論社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652023754

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「最後のひと葉」をきちんと読んだのは初めてだったか?
    ちゃんとしたオチを読んだら、本当に最後の数行だけでウルっとしてしまいました。
    こんな話だったんだ…と。

    そして2話目の話がすごく良くて、そうなんだろうなというオチが分かっていてなお、クライマックスの部分で号泣してしまいました。情景がリアルに想像でき、映画にしたら美しい絵が描けそうなシーンでした。

    1話目と2話目がとても感動的で、この2話だけだったら☆5でしたが、その後の話はあまり心に残らなかったり、いまいちオチが呑み込めなかったりでした。
    ですが、全体を通して、古き良き時代のアメリカというものが随所に感じられ、今までアメリカ文学ってほとんど読んだことがなかったので、とても新鮮な気持ちになれました。
    いずれ、サリーナスの風についても挑戦してみたいと思った。

  • 病気になった少女が、部屋の窓から見えるレンガの壁に、つたが伸びていて
    その葉が、日々散っていくさまをみて、あの葉が全部落ちれば自分の命も・・・と。
    それを知った絵描きの老人が・・・・・っていう
    きっと誰もが読んだことがある、いや読書はなくても映像やお話で聞いたことがあるであろう、
    オー・ヘンリーの「最後のひと葉」を表題作として、短編が8編載ってます。

    彼は272編の短編があるらしい。全部を読みたいですね。
    このショートストーリーセレクションは何巻まで続くんでしょう。
    ちなみにこれは5巻。

    どの話も、そのままハッピーエンドになるのではなく、最後にピリッと毒があり、どの短編も面白い。
    これもオー・ヘンリーの作品だったのか、、と再確認なものも何編かあり、改めて読むと、良いですね。

    翻訳の方が上手いのか、読みやすい。

  • 登録日:6/11
    読み語りボランティアさんご推薦

  • 成人するまで、恥ずかしながらオーヘンリーの作品はこれの表題作しか知りませんでした・・・。
    あんだけたくさん書いているのに。
    世の中にはまだまだ読んだことのないおもしろい話がいっぱいあるんだろうなあ。

全5件中 1 - 5件を表示

オー・ヘンリーの作品

ツイートする