谷川俊太郎詩集 いまぼくに (詩と歩こう)

制作 : 香月 泰男 
  • 理論社
3.71
  • (10)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652038475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「魂のいちばんおいしいところ」「あい」「夕焼け」「私たちの星」

    確か…教科書に載った「朝のリレー」(当時感動でふるえた記憶が…)と、「生きる」は、いま読んでも感動して涙が出てくる。

    戦争や戦いは何も生み出さない。

  • 感想

    はじまりは「生きる」そして「朝のリレー」に繋がり、この詩集を手に取ったという次第だ。
    美しいものに魅せられるということは、万人に共通する性ではないだろうか。

    谷川さんの詩は美しい。どこまでも清らかで、どこまでも爽やかで。
    無論、別の魅力を持った詩も存在するが、僕が谷川さんの詩に驚嘆の念を覚えるのは、その美しさであり、爽やかさであり、清らかさにある。

  • 愛、平和、生きると3つのテーマで区切られた詩の数々。有名な「生きる」「朝のリレー」「うつむく青年」なども収録。今回心に残ったのは「あかんぼがいる」「成人の日に」「くり返す」。谷川さんの詩を読むと、魂の奥に響くような、果てしなく遠くて近いところで共感するような不思議な感じを受けます。心地よくてちょっと怖くて、ずーんと響いてキーンと刺さるような。「あかんぼがいる」はお正月にあかんぼがいる詩。同じ状況だったので、どうしてこんなにぴったりな言葉で表現できるのだろうと感心したり嬉しかったり驚いたり。また読みたい。

  • 合唱漫画「少年ノート」で歌っていた、「いまぼくに」。タイトルにもなっていたので惹きつけられ、図書室で借りた。
    すると、聞いたことのあるフレーズ、歌ったことのある言葉たちがいくつも。
    「死んだ男の残したものは」「明日」そして「生きる」。
    優れた合唱曲に用いられるということは、それだけ優れた詩だということにもなるのだろう。

  • すばらしい!!!

    詩というものの良さが凝縮されてます。

  • 香月泰男の絵も最高。


  • 映画館でCMを見た時の衝撃は忘れられません…

    そんな大スキな詩
    『朝のリレー』が載っています

    来年度版手帳には
    始めのページに書き写しました

    これで、朝起きられるようになるかなぁ

  • 2008.10(26歳)
    「生きる」など。

    「やわらかいいのち」
    怒りながら哀しんでいる
    戸惑いながら決意している
    突き放しながらしがみついている
    ひとつの顔

    ・・・
    拒みながら待っている
    謝りながら責めている
    途方に暮れながら主張している
    ひとつの背中

    ・・・

  • 20/8/12

  • 彼の詩じゃない文を読みたい

全14件中 1 - 10件を表示

谷川俊太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする