絵描き

著者 :
  • 理論社
4.20
  • (51)
  • (18)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 196
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784652040393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美大受験間近ということで久しぶりに読んでみた。

    言葉数が少なく、何を説明しているわけでもないけど、何となく言おうとしていることがわかる絵本です。
    『時々描きすぎてよくわからなくなる。大好きな歌を歌うように絵が描ければいいのになぁ。』
    今はこの言葉が昔よりも少しだけ苦しく思う。

  • 以前に美術館の原画展で見て、一目でファンになった作品

    いせひでこさんの、ほっこり気持ちが温かくなる水彩が大好きです
    個人的に、ペンギンが空を見上げてる絵が一番好き

  • いせひでこさんの絵。なんだかステキです。
    こんな風に絵が描けたらいいのに。
    モデルはしんぺいさん。
    この絵本のエピソードを読んだ翌日、
    わずかな時間、絵本が倒れてて、
    起こそうとしたらこの本でした。
    本との出会いって面白い。

  • 詩のような文章に惹かれた。
    "絵を描きたい"という情熱が伝わってくる。

    表紙の絵は、"どこかでみたことがあるような・・・"と考えていたのだけれど、
    そっかー!ゴッホの「アルルの部屋」!

    この物語は、ゴッホのことを書いているのかなー?かどうかは、(勉強不足で)判断できないけれど、
    いせひでこさん自身の"描きたい!"という想いも込めて重ねているのだろうなーと思えた。

    本当に素敵な本!

  • 色が素敵です。

  • アーティスト向け。
    何かに迷った時に。

  • いせひでこさんの世界。説明できる良い言葉がみつからない。

  • 絵描きの彼女からみる世界はとてもきれいで素敵だと思いました。

  • この絵本は以前も読んでいる(観ている)。しかし何度見ても私には新鮮な感動を呼び起こす。
    「絵」を描く事の人生の恍惚と苦悩、描かずには生きられないほどの日々。対象に肉薄して解けてしまいそうなのに、それでも絵描きは在る。

  • この人の絵はジブリのイメージボードとかにぴったり。

    思ったものを描ける人って素敵。
    見るだけで楽しい絵本。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年北海道生まれ。東京藝術大学卒業。
『マキちゃんの絵日記』で野間児童文型新人賞、『水仙月の四日』で産経児童出版文化賞美術賞、『ルリユールおじさん』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。
このほか、おもな作品に『まつり』『大きな木のような人』『あの路』(文・山本けんぞう)(いずれも講談社)、『1000の風1000のチェロ』『チェロの木』(ともに偕成社)、『わたしの木こころの木』(平凡社)など。
また長田弘の詩集『最初の質問』『風のことば 空のことば』(ともに講談社)も手がける。

「2020年 『けんちゃんのもみの木』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いせひでこの作品

ツイートする