ぶらんこ乗り

  • 理論社
3.77
  • (263)
  • (146)
  • (409)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1233
レビュー : 243
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652071922

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いしいしんじ…この人の本は初めて読みましたがとても文章が好きです。静かで優しい。

    090810

  • 実はサイン本で持ってます。

  • 不思議なお話。。温かいようで冷たいものに触れたような不思議な感覚です。
    淡々とふわふわと物語が進んでいくのに油断していると、思いがけず心をがしっと掴まれる、そんな小説。
    弟はいっそ声が出せなくなっていた方が幸せだったろうな。。苛酷すぎる。
    彼の書く単純な童話が、彼の孤独と愛の渇望の叫びを表しているようで心に残った。

  • 「おたがいにいのちがけで手をつなげるのは、ほかでもない、すてきなこととおもうんだよ」


    現実味が無いのに本当らしくて酷く切ない。弟が愛おしくなる本。

  • 大人の絵本でした。1つ1つの話がちょっと切なかった。
    それにしても、象のローリングがかなり衝撃でした。実話??だったら怖い・・・。


  • どうしてこんなにやさしい物語がかけるんだ・・・!
    っていうぐらいやさしくてあったかい(^^)
    いしいさんの本は間違いなく神だ(∀)笑

  • この本は、実家に一週間くらい帰っていたとき、
    何回も、読んだ思い出がある。(R)

  • 独特の雰囲気が好き。悲しくも温かい。
    読み終わったときは何だか心が色々なもので満たされたような気がした。

  • 周囲の大人に「天才」といわれた弟を、姉の「わたし」が回想する話。

    お話のだいたいは、その弟が「わたし」に話してくれた突飛な作り話の数々。
    それが目次にそってひとつひとつ続くので、いしいしんじさんの本をはじめて読んだわたしは、
    最初のうち、「なになに?何が言いたいの?」という感じだったのだけど・・・・
    最後はうっかり号泣でした。
    胸をずうんと打たれたというか。

    孤独だった弟の、ふりしぼるようなやさしさ、。きっとそんなお話だったのかなと、思ったりする。  

  • いしいしんじにはまるきっかけとなったのがこの作品。
    なんだかかなしい気分になった。

全243件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、
16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。

「2019年 『マリアさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする