ぶらんこ乗り

  • 理論社
3.77
  • (263)
  • (146)
  • (409)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1233
レビュー : 243
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652071922

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小6の時に読んで、弟がいるからかもしれないけど物凄く怖くなった。久々に読み直したい本。

  • 誰かに薦めたいような、自分の胸にしまっておきたいような、不思議な本。ぶらんこに揺れながら、あっちとこっちの境界を行ったり来たりしている、その狭間なんだ。

  • 幻想的なのにどこか現実的。切なくて、透明で、美しくて、いつまでも心に残る本。「たいふう」は、いしいさんが実際に小さい頃に書かれたお話だと知ってびっくり。ポルノグラフィティの「グラヴィティ」という曲が、この作品にリンクしているそうです。

  • 中学時代、一番のお気に入り。ハトの死体を転がして遊ぶゾウとか可愛過ぎて。なれのはて。

  • 高3

  • 辞めた会社の同僚から、弟がいるなら是非読んでみて、と薦められて。すごくしっくりくるあたたかい小説。装丁も大好きで荒井良二さんを好きになったきっかけにも。

  • 物語の中で、更に作り話が出てくるタイプ。主人公の弟が作った話なんですが、とってもきれい。これだけでも、絵本で欲しいくらいキラキラしてたり、切なかったり、ホンワカしてしまう。

    登場人物の名前は犬の名前しか出てこないのですが、しっかり書き分けられています。名前がないことによって、想像が普段より働くのではないでしょうか。

  • もろくて いとおしい家族
    早く読み進めたい
    読み終わりたくない 初めての感覚

  • 指、うまくならせないんですよね。練習したい。

  • 「ときどき、じぶんがこのよでたったひとりじゃないような、ふしぎなさっかくにおそわれるときがある。たとえば火をみるとき。ゆきのあきちにたってるとき。ゆきどけみずでにごったどぶがわを、はしのうえからみおろすとき。ぼくはなにかにつながってる、なんてことを、こんなひとりのときにだけおもったりする。」

著者プロフィール

いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、
16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。

「2019年 『マリアさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする