太陽の子 (フォア文庫)

  • 理論社 (1996年1月1日発売)
3.90
  • (6)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652074213

太陽の子 (フォア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分のことでいっぱいになっていることが恥ずかしくなった。悲しいストーリーだけど優しさが身にしみた。

  • なんとなくの内容は知っていましたが、初めて読みました。
    戦争について、沖縄について、私は何も知らない事に改めて気付き、胸がいっぱいです。
    ふうちゃんの生き生きとした描写が心を打つ。
    なんて温かく強い心を持っているのだろう。

  • 久しぶりに再読しました。登場人物の心の動きが丁寧に描写されていて、外では読めないぐらい泣けてしまうのは、初めて読んだ時と同じでした。関西人の自分には、会話の関西弁が生き生きと自然に響いて読みやすく、親しみも感じました。
    私自身は沖縄に縁がなく色々考えさせられましたが、主人公の友達の「ときちゃん」の手紙がとても印象的でした。子供の頃に学園ドラマを見ていて「悪いことしてないほうがいい子なのに、なんで悪いことしてる子が主役なんだろう」と思ったことがあったので…。
    一読の価値がある作品だと思います。

  • 旭川などを舞台とした作品です。

  • 主人公ふうちゃんのひたむきさや戦争といったテーマも考えさせられたが、わたしが一番こころに強く響いたのは彼女のクラスメイト、ときちゃんが先生にあてた手紙だった。 

    自分の気持ちに真剣に向き合い、それをきちんとことばにすることが出来るときちゃんに、ふうちゃんならずともすごいなあと少し羨ましくすら思ってしまったのだ。

    わたしもそうありたかった、そうできたら
    何か違っていたかもしれない。

  • 国語の成績が今ひとつの息子に買ったのに、彼が読まないので、自分で読んでしまった。
    悲しい史実もさることながら、主人公の二人の成長を見ているだけで泣けてくる。ナイトキャップ片手にホロ酔い状態で読むと、涙腺決壊必至。

  • オキナワのことを考えさせられた。

全7件中 1 - 7件を表示

太陽の子 (フォア文庫)のその他の作品

太陽の子 (新潮文庫) 文庫 太陽の子 (新潮文庫) 灰谷健次郎
太陽の子 (角川文庫) Kindle版 太陽の子 (角川文庫) 灰谷健次郎
太陽の子 (角川文庫) 文庫 太陽の子 (角川文庫) 灰谷健次郎

灰谷健次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
灰谷 健次郎
あさの あつこ
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

太陽の子 (フォア文庫)はこんな本です

ツイートする