自分にふさわしい場所

著者 :
制作 : ホンマ タカシ 
  • 理論社
3.70
  • (18)
  • (20)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 165
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652077375

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほんとにね、理論社は良い本作ってるんですよ。実家から引っ張り出して来たんですが。この本も何度救われたか…
    文字を綴る人と、写真を撮る人と、デザインする人と、編集する人と、いろんな人が化学反応を起こして本が出来上がる。そんな事に気づかせてくれる本。

  • 今月三冊目の谷郁雄の詩集。これまでの二冊と異なり、少し長めで、散文的で、私小説的なものも感じる詩が多かったのですが、人生の意味だとか、そんなことをじっくり噛み締めながら読める力作だったと思います。

  • 谷郁雄・言葉
    とある。

    詩のように思うけれど
    谷郁雄からのメッセージのようでもあり、
    デザインされた言葉にも見える。

    写真も日常のワンシーンが
    匂い立つような、音まで聴こえるような
    いわゆるスタイリッシュでおしゃれで美しい
    だけのものではない。

    だから、より一層、身近に感じられるし
    言葉をひとつのデザインとして眺めて味わう。

    いつも、谷郁雄の言葉には
    胸の奥の血がさっと騒ぐような、
    哀しい部分をえぐられるような
    痛みと気づきをもらう。

    「自分にふさわしい場所」
    その居心地のよさと、悪さを思った。

  •  
    道を極めれば 人はいつか 自分にふさわしい場所に
    たどりつく

    この言葉が体に染みついている
    不器用なりにもこの人生を歩んでいきたい
    自分を信じて、前に進むことをやめなければ
    いつかたどりつくだろう
    自分にふさわしい場所に

    好きな人に贈った本。

  • 「いつか自分のふさわしい場所にたどりつく」

    「意味」

    「人はみな」

    の3つが特に好き。

  • でも
    本当は
    写せないものを
    写そうとしている
    (本文より抜粋)


    私この本すごく好き。

  • 流れるような言葉とホンマタカシさんの写真が邪魔することなく間に挟むのも、安心する。

    文字の間隔、レイアウト、手触り、全部好き。

  • ことばの余白

    文字、写真、レイアウト
    うっすらと色のついた余白
    本という形である意味。

  • ありふれた時間、あたりまえの生活、それは別の角度からみれば、とても贅沢なものであり、自分しか見れない事もそこから生まれているということ。そんな「当たり前」を感謝させてくれるような詩。

  • 書かれているコトバだけでなく、本の大きさや装丁、フォント、文字間隔、行間、写真など、ずっとそばに置いておきたい本の一つ。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

谷郁雄(たに・いくお)
1955年三重県生まれ。同志社大学文学部英文学科中退。
これまで、ホンマタカシ、佐内正史、リリー・フランキー、長島有里枝、石川直樹、浅田政志、青山裕企、本城直季、市橋織江、尾崎世界観、小野啓、吉本ばなな他とのコラボで、多くの詩集を刊行。詩集『自分にふさわしい場所』『日々はそれでも輝いて』『無用のかがやき』『思春期』『愛の詩集』『バンドは旅するその先へ』『バナナタニ園』他多数。いくつかの作品は、信長貴富氏らの作曲により、合唱曲にもなっている。また、『透明人間 再出発』の中の「どこにもない木」という詩が来年度の中学3年道徳教科書の巻頭詩に選ばれた。

「2018年 『大切なことは小さな字で書いてある』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷郁雄の作品

ツイートする