ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)

著者 :
  • 理論社
3.53
  • (7)
  • (14)
  • (19)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 177
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652078099

作品紹介・あらすじ

「数学」と聞いただけでつい視線が宙に泳ぐ…でしょ?数学が苦手なら、思いきっていちばん簡単な算数まで、もどってみればいいのです。そもそもの仕組みをのんびり思い出しつつ、「期末試験80点!」と「ハッピーな人生」の両方を、手にしてくださいね。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  1/2は1のなかに2つある。さて0.645は10000のなかにいくつあるか。7/5を5つ集めれば7になり7で割れば1を得る。直径を1となし円の基準とせよ。円周のなかに基準となした直径はいくつあるか。円に内接する正八角形の周は6.1より大きいか。縦を1となしたとき横のなかに縦はいくつあるか。縦横ともに正確に2倍に拡大して同じ形を得よ。

    『……ああ,それは,わり算の計算はできるようになったけど,わり算の仕組みがわかっていない,ということだと思いますよ。というか,ざんねんですけれど,それは「仕組みがわかる」ということを,これまでの人生でいちども経験(けいけん、とふりがながふってある──引用者)していない,という症状(しようじよう、とふりがながふってある──引用者)ではないかと思います。』8頁
    『あなたに責任(せきにん、とふりがながふってある──引用者)がないことならば,あなたが「これはムダ」と決めてもかまいません。でも,責任(せきにん、とふりがながふってある──引用者)があるなら,ムダかどうかは,あなたは(原文ママ──引用者)決めてはいけません。』215頁

    問1 7を7で割ると1になるのはなぜか、答えよ。
    問2 7を7で割ると1になる。このとき1とはなにか、答えよ。

  • 1

  • サイエンス

  • ちょっと簡単すぎる

  • 絵がかわいい。

  • (2012-07-15)

  • 算数ってどんな気持ちでやってたのかな、と手にとって見た。
    けど、私、算数ですでに挫折してたんじゃあ。。。数学以前の問題だ。。
    算数についてとてもわかりやすく書いていて、こんな風に順を追うとなんで必要なのか、どういう風に実際に使うのかがよくわかる。
     最後のほうなんて、ついつい私のまわりの理数系なヤツラの顔が浮かんでしまった。
    「こうしてみると、ハッピーで責任のとれる大人になるというのは、なんと大変で、めんどうくさいことなんでしょう!」
    この大人に私は含まれていない気がしてきた。

    「仕組みを考え、理解できるような体質を作る」
    「毎日の生活は”歴史や文化”が複雑に組み合わさってできていますから、小学校の算数は”歴史や文化を算数にする”
    ことでもあります。」
    「数学ができるかどうかは、あたりまえのことを馬鹿にせず、省略せずに、順番に書く練習ができるかどうか、にかかっています。」
    友達のテストを見せてもらう。どんなふうに考えたかを考える。「”どういうつもりだったか”ということをきちんと書いておくことは、無意味どころか、人生を左右する可能性だってあるのです。

  • 仕組み、関係性そんな
    算数の知識理解の面について
    日常生活と絡めながら丁寧に解説してくれている本。

    ちょっとわかりづらいところもあるけど
    翻訳するということはけっこう大切なこと

    「式は言葉」ということを以前言っている人がいたけど
    その言葉をもう一度思い出させてくれる本でした。

  • 塾講師やってる頃に出会いたかったなー。こんな風にやさしい言葉どひとつ、ひとつ。伝えられるようになれたら。円周率ってなに?わり算ってなに?とかわからないところでちゃんと立ち止まることが大切。

  • 文系の私にはこれでも荷が重いw

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新井 紀子(あらい のりこ)
1962年、東京都小平市生まれの研究者。国立情報学研究所社会共有知研究センター長・教授。専門は数理論理学、遠隔教育。東京都立国立高等学校、一橋大学法学部を経てイリノイ大学数学科に留学し、同大学数学科大学院修士課程に進学。1990年に修士号を取得。帰国後の1994年に一橋大学法学部を卒業、専業主婦を経て広島市立大学情報科学部助手に着任。1997年東京工業大学博士。2006年から国立情報学研究所教授。
代表作に『AI vs.教科書が読めない子どもたち』。同作で2018年日本エッセイスト・クラブ賞、山本七平賞を受賞している。

新井紀子の作品

ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)を本棚に登録しているひと

ツイートする