僕は、そして僕たちはどう生きるか

著者 :
  • 理論社
4.06
  • (187)
  • (179)
  • (98)
  • (18)
  • (8)
本棚登録 : 1470
レビュー : 274
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652079799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あー。これはちょっとだめだ。いくら梨木香歩さんでもだめだ。ジャンルがYAだったので手にとったけど、どうしちゃったんだろ。他の方が書いてましたけど、道徳の本でも目指してるの? って言葉にすごい頷ける。レイプとかAVとか不登校とか命の授業とか、なんか全部詰め込みすぎ。

  • レビュー評価は高かったのですが、私は行間を読むのが苦手なので、この作品はダメでした!

    主人公の14才のコペル君は一人暮らし。
    そしてお友だちのユージンくんも一人暮らしの上に不登校
    この時点で設定に無理矢理感が有りすぎて。。。
    叔父さんのノボちゃんは子供っぽい染色家
    とんがった物言いのショウコさん

    穏やかな植物や動物に囲まれたお話なのかと思いきや、レイプや教育問題など種々詰まっている

    梨木さんの怒りを現した作品でしょうか?

  • 主人公は14歳の少年。彼が体験したある初夏の1日をめぐるストーリー。
    梨木さんの自然の描写は相変わらずすばらしく、草いきれの薫りや、木漏れ日の眩しさまでもが伝わってくるようだ。
    残念なのは、その読みにくさ。主人公が書き綴った文章を読ませようとする趣向なのだが、とりとめもなく独り言風だったり、括弧を用いた但し書きが頻出したり、何とも落ち着かない。それこそが思春期の若々しい感性と言えるのかも知れないが、どうしても読んでいてストレスを感じる場面が多く、作品全体としてのまとまりが削がれてしまったように思う。
    徴兵、性犯罪、自然環境、命の授業など、この少年は実にたくさんのテーマを論理的に思考する。私が中学生の頃、こんなに深く物事を考えられたかなぁ。

  • 伝えたいことがはっきりと伝わってくる。
    すごくメッセージ性が強いけれど、キャラクターがあまりに出来すぎていて、物語として入り込めなかった。

  • 一人ひとりの悪意が悪意の形をしているとは限らない、悪意と認識されているとも限らない。

    直前に、瀬尾まいこさんの「温室デイズ」を読んでいて、正直、強く生きることが悪意への立ち向かい方だというのは切なすぎると感じていたから、梨木さんのこの作品を読んで更に息苦しくなった。

    コッコちゃんに起きた出来事の醜悪さは、インジャが遭遇した出来事の醜悪さを超える。
    前者の出来事に関わった人々が、自らの醜悪さに気づくことがないであろうことも、そして何よりも「自分」がその場にいたら、醜悪な行動をとりそうな恐れが苦しさを作りだす。

    テーマは難しくて、そういう意味でも
    「泣いたら、だめだ。考え続けられなくなるから」は心に染みた。

  • 子供も子供として大人並ななやみを抱えてますよ的な。にしても重たい。

  • 続きが気になって、というよりは腹が立って一晩で読み終えた本。遠まわしに梨木さんが言いたいこととか 具体的な事例とかがグイグイくる。ここまでするのだったらこんな導入みたいなお話わざわざつけなくてもいいのに。ぐるりのことを読んだ後にこれは読むべきじゃなかった。私の専門分野にかぶっているから余計嫌だ。確かに、分かりやすいし、大事なことだし、知らない人は知るべきことだし、これから も 私たちが気を付けていかなければならないことだ。でも、感情論と現在の理性だけで白黒つけていいほど 過去や世界は単純なものじゃないと思う。だからどうってわけじゃないけど、とにかく私の好きなお話ではなかった。今更衝撃もない。私は間違っていない人なんか嫌いだ。かれだから、こうで、素晴らしくて、醜いのに、そう全てが上手くいくことはないよ。かれが弱い人だとしたら、ほかの人も皆弱いから こうなっていることに言及してほしかった

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

僕は、そして僕たちはどう生きるかのその他の作品

梨木香歩の作品

ツイートする