倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)

著者 :
  • 理論社
3.60
  • (67)
  • (90)
  • (140)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 639
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652086155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラノベ感覚で読みはじめたら、なんか全然違って読みにくくて戸惑ってしまった。
    耽美で古典的な文調と、戦中のモンペ姿で軍需工場に駆り出され空襲で家族を失う彼女たちの現実が相まって、なんともいえない雰囲気でした。

    「倒立する塔の殺人」という回し書きの小説とそれに付随する手記で語られている部分と、日常を描いているところとだんだん混ざってきてすごい独特な空気感になってます。
    女子高っていう閉塞的な乙女空間は、いつの時代も美しくも残酷で、刹那的で強かだなぁ。

  • 戦時中のミッションスクール。図書館の本の中にまぎれて、ひっそり置かれた美しいノート。蔓薔薇模様の囲みの中には、タイトルだけが記されている。『倒立する塔の殺人』。少女たちの間では、小説の回し書きが流行していた。ノートに出会った者は続きを書き継ぐ。手から手へと、物語はめぐり、想いもめぐる。やがてひとりの少女の不思議な死をきっかけに、物語は驚くべき結末を迎える…。物語が物語を生み、秘められた思惑が絡み合う。万華鏡のように美しい幻想的な物語。

  • 戦時下の女学校を舞台にした幻想ミステリー。女学生が回し書きした小説「倒立する塔の殺人」。劇中劇の体裁をとっており、現実と虚構が交錯する。百合要素も多分にあり。作者紹介にあるとおり、甘美な毒を含む幻想的な物語世界を紡ぎだしている。

  • 戦中から終戦後へかけての女学校を舞台としたミステリ。
    空襲で家族を失った女学校の生徒・阿部欣子は、級友の三輪小枝からあるノートを渡される。
    そのノートは表紙に「倒立する塔の殺人」と書かれ、数人の女学生の間で書き継がれた物語だった。
    小枝にノートを託した先輩・上月葎子が空爆によって死んでしまい、未完となった物語を欣子の視点から解読して欲しい、と小枝は言う。
    「倒立」とはいったい何なのか、上月葎子はなぜ死んだのか・・・。

    作中小説と現実とが絶妙に絡み合う入れ子構造のミステリ。

    入れ子構造というだけでも複雑なつくりになっているのに、語り手の欣子は手記を順番通りに読まないので、読者は頭がこんがらがってきます。
    ノートに書かれた作中小説の「倒立する塔の殺人」があり、その小説を書いた少女たちの手記があり、さらにその外側にノートを読む欣子がいて…という入れ子の入れ子となっており、しかもそれぞれ謎が散りばめられています。
    事実と虚構が絶妙に同居してて面白いのですが、情報を整理しキーとなる伏線を拾っていくだけで精一杯でした。

    また、著者が実際に経験したのであろう戦禍の描写が生々しく、リアルでした。
    空襲で家族や友人を次々と失い、死が日常となったことに麻痺してしまう少女たちが虚無感をつのらせていくさまは胸にこたえました。
    閉塞的な状況の中、彼女たちは絵画や文学に耽溺したり、ワルツを踊ったり歌ったりといった密やかな楽しみを共有します。
    制限されているからこそ、美に触れることで現実からの逃避をはかったり精神の均衡を保っているのかもしれない。
    そんな彼女たちが哀れでしたが、人間の渇望に力を与える芸術の大きな力も感じました。
    友人の死という物語を必死に紐解こうとする彼女たちには未来への希望も感じることができます。

    ミステリの謎解きはよくわからなかったのですが、それだけに終わらない大きな物語世界を堪能できました。

  • じだらっくちょっと気の毒

  • 前から気になっていた皆川博子さん。
    初めてなので読みやすそうなYA向けレーベルのものを選んでみました。

    書かれていることはとても現実的なのに、どこか幻想的に感じるのは、作中作の舞台がミッションスクールだからか。作中に出てくる人物と作中作に出てくる人物が同一人物で、境界が曖昧だからかもしれない。
    “倒立”のトリックはよくわからなかった…。出来たら図が欲しかったなぁ。
    もし、初めからノートが杏子に渡っていたらどうなっていたんだろう?

  • この作家さんの作品は初めて。
    戦時中のミッションスクール。
    仲良しグループで回しながら小説を書く。
    少女たちのミステリー。

  • 戦争末期、勤労動員で工場で働く女子高生たち。私立のミッションスクールに校舎が焼けてしまった都立の女学校が同居する。
    ミッションスクールの図書館にあった書かれていない本。続きを書いてもらいたい?
    ミッションスクールで過去にあったらしい殺人、真相は?
    面白い発想、楽しく(?)読めます。

  • 少女たちの間を巡る一冊の本。
    その題名は「倒立する塔の殺人」
    耽美な雰囲気のミステリー。

    舞台は戦時中の日本。
    ミッションスクールに通う少女たちが主人公です。
    複数人の視点から、徐々に事件の全貌が明らかになる過程が、
    なかなか面白かったです。
    正統派ミステリーと言った感じ。
    戦争に関しても描写はありますが、
    それがメインというわけではないので、戦争モノが苦手な私でも
    読みやすかったのが、よかった。

    しかし……それよりも何よりも!
    舞台はお嬢様学校!
    「お姉さま♥」の世界!
    とは言うものの、同性愛というよりは、純粋に憧れの感情だと思われます。

    女子特有の複雑な友人関係が、
    好きだという人におすすめな本です。

  • 表紙が素敵。
    誰が誰なんだろう。

    ドラマになりそうな感じ。
    戦時中の話だけど、ドラマになったら現代に舞台を変えそう。ちょっとみてみたい。
    だけどその場合、べー様が一番難しそうだな。

著者プロフィール

皆川博子(みながわ ひろこ)
1930年旧朝鮮京城生まれ。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞し、その後は、ミステリ、幻想小説、歴史小説、時代小説を主に創作を続ける。『壁・旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞(長編部門)を、『恋紅』で第95回直木賞を、『開かせていただき光栄です‐DILATED TO MEET YOU‐』で第12回本格ミステリ大賞に輝き、15年には文化功労者に選出されるなど、第一線で活躍し続けている。著作に『倒立する塔の殺人』『クロコダイル路地』『U』など多数。2019年8月7日、『彗星図書館』を刊行。

倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)のその他の作品

皆川博子の作品

ツイートする