わたしが子どものころ戦争があった―児童文学者が語る現代史

制作 : 野上 暁 
  • 理論社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652201107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供目線での、児童文学者による所謂戦争体験記です。
    当時の子供の遊びや、お父様が満鉄職員で実際にあじあ号にも乗車経験された方のお話も載っています。
    専門用語も満載でしたが同時に解説もちゃんと記載されてますので、資料としても凄く良いと思います。

  • 【収録作品】「国境のある島で暮らして」 神沢利子/「ふりむくと戦争があった」 森山京/「少女時代を満州で過ごして」 あまんきみこ/「『ほろびた国』での少年時代」 三木卓/「雪国での集団疎開」 角野栄子/「戦中戦後の思い出から」 三田村信行/「広島に生まれて」 那須正幹/「米軍基地のある町から見た戦争」 岩瀬成子 
    *インタビューだからか、どこかとっちらかった印象がある。うまくまとめないという方針なのだろうが。

  • 悲惨な出来事も戦争だけど、
    戦争の中の日常も戦争。

    気づいたら戦争になってた
    ってことにならないように、ひとりひとりが想像しなくちゃいけない。
    でもどこから止めたらいいのか分からない。

全3件中 1 - 3件を表示

わたしが子どものころ戦争があった―児童文学者が語る現代史を本棚に登録しているひと

ツイートする