妖怪用心 火の用心―九十九さんちのかぞえうた

著者 :
制作 : 山村 浩二 
  • 理論社
2.57
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652201299

作品紹介・あらすじ

七人かぞくの九十九さんちは、がんこなおじいちゃんとおちゃめなおばあちゃん。たよれるパパとやさしいママ。そしてやんちゃな三きょうだい。どこにでもいるような七人のかぞくは、どこかにあるようなまちで、人間たちにまじってくらしています。しかし、さてさて、この七人のしょうたいは…かぞえうたの楽譜付き!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 978-4-652-20129-9 32p 2016・2・? 1刷

  • 富安陽子さんの文が好き
    これはちょっとありきたりで……
    もう少しサプライズがほしかったなあ
    ≪ 妖怪は ほらそこにもね ご用心 ≫

  • それぞれらしい登場の仕方、おどろかせかたが読んでいて楽しいです。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

作家。東京都生まれ。和光大学人文学部卒業。25歳でデビューし、1991年『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞、2001年『空へつづく神話』で産経児童出版文化賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』がIBBYオナーリスト2002文学作品に選出される。『盆まねき』で2011年、第49回野間児童文芸賞、2012年、第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。

富安陽子の作品

ツイートする