おめでとうかいぎ

著者 :
  • 理論社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652203903

作品紹介・あらすじ

卒園の日。なかなか眠れないゆうきくんは、スペシャルゲストとして通園バッグたちが開く「おめでとうかいぎ」に招待されます。そこで待っていたのは、ゆうきくんを見守ってきたものたち。思い出とともにお祝いが伝えられます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館本。私の選定本。卒園を間近に控えた年長さんの男の子。小学校への不安がもくもくとわき上がる。そこで、出てきたのが園カバン。出生からお世話になったグッズが一同揃って励まします。

  • 生まれてきた瞬間から、色々な物と気持ちが「こんにちは」と「さようなら」の繰り返し。
    でもそれは、決して寂しくて不安なことではない。
    それを思い出させてくれのが「おめでとうかいぎ」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。桑沢デザイン研究所。田中一光デザイン室勤務後絵本の仕事を始める。作品に『あやちゃんのうまれたひ』『てとてとてとて』(以上福音館書店)『ぼくがあかちゃんだったとき』『さっちゃんとなっちゃん』(以上教育画劇)『ぼくのかわいくないいもうと』『おやおやじゅくへよこそ』『あげます。』(以上ポプラ社)『まよなかかいぎ』『るすばんかいぎ』(理論社)など多数。 日・中・韓12名の絵本作家と平和絵本シリーズを企画。『へいわってどんなこと?』を3国共同刊行(日本は童心社)。絵本を抱え中国、韓国、北朝鮮、メキシコ、キューバなど訪問。各地の子どもたちと平和を考え、絵を描くワークショップを行っている。童美連理事、日本文藝家協会会員。

「2020年 『おめでとうかいぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浜田桂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ベネディクト カ...
平田 研也
ヨシタケ シンス...
くすのき しげの...
中川ひろたか
竹下 文子
モーリス・センダ...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×