ルブラン ショートセレクションII 怪盗ルパン さまよう死神 (16巻) (世界ショートセレクション 16)

  • 理論社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652204115

作品紹介・あらすじ

フランスの作家、モーリス・ルブランが産み出した傑作「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」シリーズから、怪盗でありながら進んで正義の味方もするルパンの魅力が遺憾なく発揮された表題作はじめ四つの短編を、新訳で紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 手に取る機会があって図書館で借りました。

    さまよう死神、王妃の首飾り、水さし、メルキュール骨董店。

    怪盗ルパン初体験、おもしろかったです。
    落ち着いたら、一冊目の『怪盗ルパン 謎の旅行者』を読んでみたいです。
    たしかに絵は合ってないけれど、許せないレベルではないような。
    まあ、小学校高学年以上向けだろうから、内容とリンクする小道具のイラストにして、人間のイラストはやめておいたほうが無難だったかも。
    「王妃の首飾り」のトリックがわかりづらかったから、こういうのを図解してくれたほうが親切だと思います。(推理小説で館の間取りを図解してくれるイメージ)
    昔話と同じで、絵がないほうが想像する余地が残されているし、正体不明な怪盗ルパンならなおのこと。

  • フランスの作家、モーリス・ルブランが産み出した傑作「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」シリーズから、怪盗でありながら進んで正義の味方もするルパンの魅力が遺憾なく発揮された表題作はじめ四つの短編を、新訳で紹介します。

    前作の短編でも登場したオルタンスが再度描かれ、迷いながらもルパンに惹かれていく様子が伝わってくる。王妃の首飾りは何度読んでも切ない。子供ならではのトリックでありさほどミステリ要素は強くないもののそれを大人になったルパンが語る場面は悲しくなります。母親を愛していたからこそ行った犯罪であり、彼の原点でもある事件の裏側を何年たっても気づけなかった人々の愚かさをあざ笑っているようにも見える。人殺しはせず、困った人を助けているルパンの姿は、大人になっても憧れるものがあります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1864年フランス・ルーアンに生まれる。繊維製造会社へ就職するも、なじめず辞職。
パリで執筆業に精を出し作品を発表すると文壇で高い評価を得るが一般的には無名であった。40歳のとき、アルセーヌ・ルパンものが大評判となり、30年以上書き続けたシリーズは世界中で愛されている。晩年には文学への貢献により、レジオンドヌール勲章を授与される。1941年没。

「2021年 『ルブラン ショートセレクションⅡ 怪盗ルパン さまよう死神』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーリス・ルブランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ヨシタケシンス...
ジェイソンレノル...
チャーリー・マッ...
伊与原 新
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×