日記から読む摂関政治 (日記で読む日本史)

  • 臨川書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784653043454

作品紹介・あらすじ

后妃らの後宮の視点と天皇・男性貴族らの視点の両方から立体的にみえてくる、摂関政治の姿とは? 摂関体制の道筋を確立した藤原忠平・穏子の時代に始まり、最盛期の道長の時代、そしてその後の終末期まで。『貞信公記』『九暦』『小右記』『御堂関白記』などの日記の読解を通して、摂関政治の構造とその変遷の実態に迫る。


【主な目次】

第一章 後宮から見た摂関政治(東海林亜矢子)
はじめに── 摂関政治における后妃とは
第一節 藤原穏子と摂関政治の復活
第二節 藤原詮子と摂関全盛期のはじまり
第三節 道長の後宮政策
おわりに

第二章 天皇・貴族から見た摂関政治(古瀬奈津子)
はじめに
第一節 摂関期の天皇・『権記』からみた一条天皇
第二節 藤原道長と摂関政治
第三節 藤原実資と摂関政治
おわりに

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学教授 ※2016年2月現在

「2016年 『東アジアの礼・儀式と支配構造』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古瀬奈津子の作品

日記から読む摂関政治 (日記で読む日本史)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×