災害に強い社会をつくるために ― 科学の役割・大学の使命 (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)

  • 早稲田大学出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784657123152

作品紹介・あらすじ

科学者は信ずるに足りないか大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した災害社会学・原子力学・公共哲学・防災工学の代表的研究者たちが自らを厳しく見つめ減災と危機復元力のために何が必要なのかを考える。危機の時代に学問と大学の使命を問い直す、すべての人々へのメッセージ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

前 早稲田大学総長、元 森・濱田松本法律事務所 客員弁護士

「2019年 『重要論点 実務 民法(債権関係)改正』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田薫の作品

災害に強い社会をつくるために ― 科学の役割・大学の使命 (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×