地域再生の論理と主体形成:農業・農村の新たな挑戦 (早稲田大学学術叢書)

  • 早稲田大学出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784657197016

作品紹介・あらすじ

日本の農山村が直面している三重苦は、環境・資源管理、経済、社会の領域にまたがっていると本書は指摘する。一つは、農業の資源管理を担う人材の不足。もう一つは、兼業農家を営む経済条件の悪化。最後に、過疎と高齢化による活力低下。これらがもたらす三重苦は、それぞれが複雑に絡み合い、農山村を窒息死させようとしている。解決の道筋として、広域経営法人や集落営農法人の活動に注目する一方で、妥当な政策的支援を受けることの必要性を説く。「社会的共通資本」である農と農山村の持続可能性を守り抜くために、ヒトと地域、国は何ができるか、そして何をしなければならないか。農と商工・福祉の連携から食料産業クラスターの形成、JA直売所の取り組みまでと豊富な事例を取り上げ、農業再生の可能性を力強く示す。

著者プロフィール

早稲田大学人間科学学術院教授。東大大学院修了(農学博士)

「2019年 『地域再生の論理と主体形成』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柏雅之の作品

地域再生の論理と主体形成:農業・農村の新たな挑戦 (早稲田大学学術叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする