「依存」の思想:「生きる」ための支点

著者 :
  • 早稲田大学出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784657200105

作品紹介・あらすじ

他人を頼ることは「悪」なのか。
「自立」が叫ばれるこんにち、高齢者や障がい者など他人に「依存」せざるを得ない人びとがいる。肩身の狭い思いをしながら、社会の片隅にひっそりと生きる人びと。かれらが、胸を張って生きることができる社会へ。
教育学の泰斗が放つ、現代日本への強烈なアンチテーゼ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/537030

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

早稲田大学名誉教授。文学博士。
1933年生まれ。故郷は長野県上伊那郡。2011年、瑞宝中綬章受章。

「2020年 『「依存」の思想 「生きる」ための支点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大槻宏樹の作品

ツイートする
×