グローバル化が変える国際基準:検証・G20とバーゼルIII (早稲田大学エウプラクシス叢書)

著者 :
  • 早稲田大学出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784657208064

作品紹介・あらすじ

2000年代後半の世界的な金融危機に日銀幹部職員として対応した著者が、国際的な銀行規制見直しの「バーゼルⅢ」策定議論を通じ、世界のグローバル化とG20に代表されるグローバル・ガバナンスを大胆に検証する。グローバル化、主権国家、民主主義の三つを同時に達成することは不可能だという「グローバリゼーションの三重苦」を背景に、グローバル化はグローバル・ガバナンスの正当性向上への要求を高めると結論付ける。特筆されるのは、グローバル金融危機と新型コロナ危機の比較・考察。世界的拡大、経済への深刻な影響、国家が果たすべき役割の再認識、未然防止の失敗などが共通すると指摘する一方、相違点はG20サミットのリーダーシップが発揮されない点を挙げる。金融危機の再発防止措置に倣い、コロナ危機に対しても「グローバルな枠組みによるルール策定が必須」と提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

松山市出身。愛媛県立松山東高校卒。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。日本銀行に入行し、ワシントン事務所長、外国為替平衡操作担当総括、金融機構局国際課長、横浜・大分両支店長を歴任。早稲田大学アジア太平洋研究科より博士(学術)取得。

「2020年 『グローバル化が変える国際基準』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩崎淳の作品

グローバル化が変える国際基準:検証・G20とバーゼルIII (早稲田大学エウプラクシス叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×