グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち―シナリオ対訳

制作 : Matt〉アフレック,ベン〈Affleck,Ben Damon  比嘉 世津子 
  • 愛育社
3.44
  • (5)
  • (1)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750000244

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チョット前に池袋の駅前でレンタルビデオ屋の払い下げで280円で買った映画。
    久々に映画でも、と思い押入れの奥から引っ張り出してきて見た。

    綺麗過ぎる出来栄えだがいい話。台詞にジーンとくるシーンがあって
    脚本上手いじゃん!とか一人でブツブツ言ってた。

    内容的にはありきたりで特筆する点は無いけど、NO BADって感じかな。

  • 先日この世を去ったRobin Williamsを追悼する意味で再観(4度目)。こんな天才いる訳がないと思うかもしれないけれど、インドの天才数学者ラマヌジャンの再来と言われれば、あり得ない話でもないと思う。マットデイモンとロビンウィリアムスのやりとりは、人生にどう向き合うべきなのか、素晴らしい指針を与えてくれる。
    今回、ちょっと笑えたセリフ:ロビンが頭デッカチのマットに「君はミケランジェロの全てについて、語れるだろう。でも全て本から得た知識で、システィーナ礼拝堂に実際に行ったことはないから、あの空間の匂い、天井画の美しさについては語れない。」と苦言をていするセリフ。
    ちょうど、先月バチカン博物館を訪問したばかりで、以前と違って、激混みで部屋でゆっくり絵を鑑賞するどころではなかったので、ちょっと笑えた。今後、入場宣言すると発表があったばかりだが、そうして欲しい。
    話は脱線したが、この映画は、いつ観ても師弟愛、友情、夫婦愛の面から理想のあり方を提示してくれていて本当に素晴らしい。

  • 先日観たばかりですが、この映画は初めから終わりまで夢中になって観てしまいました。主人公ウィルが心理学者ショーンに「君は悪くない」(←合ってるか覚えてない)みたいに言われて、今まで溜めていた涙を溢れさせる瞬間、私も号泣ーーーー!!!この映画素敵すぎる。。。ラストも感動。スカッとします!

    >脚本がマット・ディモンとベン・アフレックっていうのもオススメポイントです。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
デール カーネギ...
灰谷 健次郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする