不可触民と教育 (世界人権問題叢書)

著者 :
  • 明石書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750314877

作品紹介・あらすじ

独立の父ガンディーが提唱したサルボーダヤ(全員の平等な興隆)運動を引き継ぐNGO,サマンバヤ・アシュラーム。アウトカーストの子どもたちの教育の平等を掲げ,インド社会に強烈なインパクトを与えたバグハー・スクール活動の全体像を描く実践的研究書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カテゴリ:教員著作物
    人間関係学科:大橋正明教授の著作物

  • 本書では、山岳民族を支援するNGO活動を行う上で、知っていた方がよいことが述べられていた。

    <農業の発展に最も重要なこと>
    徹底的な農地改革を行い、産業としての農業の生産性を向上すること

    <バクハースクールの例>
    ①人々が大地主の債務奴隷に戻らないように、伝統的な考え方を変革する
    ②新たに開拓する農地に新しい農法を導入し、それを生徒に教える
    ③現行の教育にとってかわる新たな教育システムを探究する
    ④遅れた階層に農業訓練を行う
    ⑤国際協力との調和を推進する
    ⑥農村で働くソーシャルワーカーを育成・研修する

    <参考>
    どんな優れた人間であっても、長く指導的な立場にとどまる組織、特にNGOにとって好ましいことではない。その指導者が何らかの理由で交代した場合、組織は大きく変化することになる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大橋 正明(聖心女子大学文学部教授、同大学グローバル共生研究所所長)

「2018年 『SDGsを学ぶ 国際開発・国際協力入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大橋正明の作品

不可触民と教育 (世界人権問題叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×