国際化のなかの移民政策の課題 (講座 グローバル化する日本と移民問題第1期)

著者 :
  • 明石書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750315744

作品紹介・あらすじ

労働移民と留学生・難民・日系人などの非労働移民の現状および外国人犯罪の実態とマスメディアの動向を明らかにしながら,望ましい移民政策を検討する。

著者プロフィール

 筑波大学名誉教授。移民政策学会前会長。東京大学大大学院社会研究科博士課程修了。博士(社会学)。主な著書『国際社会学研究』(日本評論社、1989年)、『移民社会学研究――実態分析と政策提言1987-2016』(明石書店、2016年)。監修書に『移民・ディアスポラ研究1~8』(明石書店、2011~2019年)など。

「2020年 『変容する移民コミュニティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

駒井洋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×