現代ドイツの社会・文化を知るための48章 エリア・スタディーズ

  • 明石書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750317120

作品紹介・あらすじ

アメリカの一極支配に対する結集軸としてのEUのなかで,積極的なイニシアティブを発揮してきた現代のドイツ。現在の視点から,冷戦前後の政治経済,思想文化などの見取り図を平易に解説し,「新しい戦争」の下での平和に向けたドイツの役割を展望する。

著者プロフィール

1946年生まれ、旧西ドイツレーゲンスブルク大学留学。金沢大学大学院修士課程(ドイツ文学)修了、北陸大学法学部教員。
著書『統一ドイツの苦悩──外国人襲撃と共生のはざまで』(技術と人間社、1993年)、『ドイツ 二つの過去──ナチから緑へ──』(技術と人間社、1998年)
主要訳書 『希望のために闘う』(共訳、春秋社、1985年)、『意識はフェミニズム、行動は地域』(現代書館、1991年)、『ラディカル・エコロジー』(共訳、社会評論社、1994年)、『ドイツにおけるナチスへの抵抗1933-1945』(共訳、現代書館、1998年)、『ヨーロッパの差別論』(共訳、明石書店、1999年)、『ユダヤ人を救った外交官──ラウル・ワレンバーク』(共訳、明石書店、2001年)

「2003年 『現代ドイツの社会・文化を知るための48章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村光彰の作品

ツイートする