北朝鮮をめぐる北東アジアの国際関係と日本

  • 明石書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750317663

作品紹介・あらすじ

核兵器開発をちらつかせながら国際社会の認証を受け,地位を築こうとする北朝鮮に対して日・米・韓・中・露の関係国はどのような選択肢をとりうるのか。11人の専門家が「対話」か,「圧力」か,を多様な視点から論じる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金正日が拉致を認めてから日本社会は朝鮮総連と在日朝鮮人に対して敵意をむき出しにした。
    北朝鮮はソ連崩壊後、国際社会への復帰を目指したが、経済面での競争力がなく、IAEAの査察も拒否し、国際社会との関係を打ち切った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

元・防衛大学校教授。NHK「坂の上の雲」海軍歴史考証・海軍指導担当。

「2010年 『日露戦争を世界はどう報じたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平間洋一の作品

北朝鮮をめぐる北東アジアの国際関係と日本を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする