北欧悲史

著者 :
  • 明石書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750324319

作品紹介・あらすじ

17—18世紀の北欧史を,その特異性と悲劇性で,激しく忘れがたく彩った3人=クリスチーナ女王,マチルダ王妃,そしてグスタフ3世。王冠を捨て,悲恋に泣き,仮面舞踏会で凶弾に倒れる。運命に翻弄された劇的な人生を描ききった興趣つきない歴史読み物。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 倉山満嘘だらけの日露近現代史

  • 09/05/12読了。
    スウェーデンの女王クリスチーナ(グスタフ二世の娘)、英国の王族でデンマークに嫁いだ王妃マチルダ、暗殺されたグスタフ三世の三人の話が主。三世かっこいいぜ!

全2件中 1 - 2件を表示

武田龍夫の作品

ツイートする