Q&A モラル・ハラスメント

  • 明石書店
3.96
  • (8)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750326818

作品紹介・あらすじ

熟年離婚と関連して話題のモラル・ハラスメントとは何か、どうして起こるのか、どうすれば解決できるのかなどについて、心と法のプロがそれぞれの立場からQ&A形式で答える。巻末に1300人対象のアンケート結果と詳細な相談連絡先、養育費算定表付。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モラハラに関する様々な悩みや疑問・問題をQ&A形式で。知りたいことを、目次をリファレンスとして探して読めるので便利。
    モラハラの基礎知識から、心のケア、脱出するための法的な手段まで、様々な疑問に答えてくれる。
    個人的にはQ13の「子供ができたらモラハラはおさまりますか?」に救われた。
    飼い猫への折檻の仕方から、子供にもやりそうだと思っていたから。結果的に子供産まなくて良かったと思った。

  • 理由はわからないけど、婚姻生活が苦しくてどうしょうもない人におすすめです。
    また、モラハラで苦しんでいる人へもオススメです。

    この現状を脱するには、離れるか離婚かしかない!と極論が書かれていますが、実際にそれしかありません。
    この本が一人でも多くのモラハラ被害者の目に止まり、一人でも多くのモラハラ被害者が自分の人生を歩んでくれることを願います。

  • 個人的には、職場や人付き合いの部分だったんですが、やはり夫婦関係メインの本でした。内容はわかりやすく、広い部分でもフォローされている本でした。

  • memo:モラハラを受けている・していると気づける人はまだまだ少ないと思います。運良く気づけても、周りの理解がなかなか得られない。モラハラが認知されていって欲しい。

  • 自分が今受けていることがモラルハラスメントだと分かった。
    これから逃れるには、離れること。
    それしかないこと。

  • モラルハラスメントの被害を受けていると気づいたらどうすればよいのか、
    具体的に書かれています。
    加害者から離れる→離婚しかない と書かれていますが、
    実際は経済的な理由から離婚できない人は多いのでしょう。

    フランスと日本との離婚の法的な違いが興味深かった。

  • 「モラル・ハラスメント」という言葉に初めて出会った人にも分かりやすい一冊。
    Q&A形式で、読みやすいのも特徴。

    モラハラ本のバイブルとして、1冊は手元に置いておきたい本です。

  • モラルハラスメント
    被害者を、精神的に追い込んでゆく言葉の暴力 それがモラハラです。

    そのモラハラの実態を説いたお勧めの一冊です。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

弁護士。大阪弁護士会所属(2003年弁護士登録)。
http://www.aoba-osaka.jp/

「2007年 『Q&A モラル・ハラスメント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本智子の作品

ツイートする