大統領選からアメリカを知るための57章 (エリア・スタディーズ 97)

著者 :
  • 明石書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750335872

作品紹介・あらすじ

アメリカ大統領選は4年ごとに行われる国民挙げての祝祭である。本書はその複雑な制度に秘められた文化的意味合いを解明し、今日の共和党右派の病巣をえぐりつつ、2012年本選のゆくえを占う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号:312.53/Oc 図書ID:10033080

  • レーガンは弱者切り捨てがアメリカ生き残りの前提だった。
    福祉に頼るなんてのは一番ダメだった。
    自由競争の拡大を策したのがレーガノミクスの核心。弱肉強食。
    福祉女王とはアメリカでは黒人のこと。
    ロムニーの完遂力は非情なビジネス流儀、オバマの完遂力は諸般の事情を勘案した政治向き。
    アメリカンデモクラシー=平等+自由平等

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1936年愛媛県生まれ。明治大学名誉教授。日本翻訳家協会評議員、日本ポップカルチャー学会顧問、日本ペンクラブ会員(元理事、元国際委員長)。著書に、『ワスプ(WASP)――アメリカン・エリートはどうつくられるか』(中公新書)、『ブッシュ家とケネディ家』(朝日選書)、『なぜアメリカ大統領は戦争をしたがるのか?』(アスキー新書)、『誰がオバマを大統領に選んだのか』(NTT出版)、『オバマ・ショック』(町山智浩との共著、集英社新書)、『アメリカ合衆国の異端児たち』『大英帝国の異端児たち』(共に日経プレミアシリーズ)、『ジョージ・ソロス伝』(李白社、発売元ビジネス社)、『大統領選からアメリカを知るための57章』『ニューヨークからアメリカを知るための76章』『カリフォルニアからアメリカを知るための54章』『オバマ 「黒人大統領」を救世主と仰いだアメリカ』『アメリカを動かすスコッチ=アイリッシュ――21人の大統領と「茶会派」を生みだした民族集団』(いずれも明石書店)ほか。訳書に、『ヴィジュアル・ヒストリー アメリカ――植民地時代から覇権国家の未来まで』(アレン・ワインスタインほか著、東洋書林)、『白人の歴史』(ネル・アーヴィン・ペインター著、東洋書林)『リンカーン――うつ病を糧に偉大さを鍛え上げた大統領』(ジョシュア・ウルフ・シェンク著、明石書店)ほか。

「2015年 『映画で読み解く現代アメリカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

越智道雄の作品

ツイートする