都市空間に潜む排除と反抗の力 (差別と排除の〔いま〕2) (差別と排除の「いま」)

著者 :
制作 : 町村 敬志 
  • 明石書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750337623

作品紹介・あらすじ

1990年代以降の政治経済や社会の変化は、人々の生活条件・労働条件を悪化させてきた。その中で都市空間は支配的影響を及ぼすとともに、反抗の力をも埋め込んできた。空間に潜む重層的なダイナミクスを読み解く試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホームレス、在日朝鮮人、非正規雇用者、専門職など社会の中で発生しているさまざまな分断を都市社会学的に分析した論考が収められている。著者による参与観察に基づく論文が多く、日本における都市社会学の事例研究として楽しめた

  • ■一橋大学所在情報(HERMES-catalogへのリンク)
    【書籍】
    https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1000967893

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1956年、北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程退学。社会学・都市研究・開発研究・グローバリゼーション研究。著書に『開発主義の構造と心性―戦後日本がダムでみた夢と現実』(御茶の水書房、2011年)、『都市の政治経済学』(編訳著:日本評論社、2012年)、『社会学』(共著:有斐閣、2007年)など。

「2013年 『都市空間に潜む排除と反抗の力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

町村敬志の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×