アメリカの黒人保守思想――反オバマの黒人共和党勢力

著者 :
  • 明石書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750340913

作品紹介・あらすじ

二大政党制の米国で黒人の大半がオバマ大統領率いる民主党を支持しているが、人種構成がより多様になりつつある現在、「小さな政府・自助努力」を掲げる共和党支持の黒人保守派の活躍も目立ち始めている。彼らに焦点をあて、次世代の米国の行方を考察する。

著者プロフィール

 1942年、東京生まれ。東京外国語大学卒業後、時事通信社、小学館、在日アメリカ大使館を経て、桜美林大学教授(アメリカ研究)。2013年から同大学名誉教授。
 著書(単著)には、『現代アメリカの保守勢力――政治を動かす宗教右翼たち』(ヨルダン社、1984年)、『アメリカ黒人のジレンマ――「逆差別」という新しい人種関係』(明石書店、1987年、増補版1992年)、『アメリカの貧困と不平等』(明石書店、1993年)、『キング牧師とマルコムX』(講談社現代新書、1994年)、『神の国アメリカの論理――宗教右派によるイスラエル支援、中絶・同性結婚の否認』(明石書店、2008年)、『オバマの誤算――「チェンジ」は成功したか』(角川oneテーマ21新書、2010年)、『アメリカの黒人保守思想――反オバマの黒人共和党勢力』(明石書店、2014年)がある。
 訳書には、アンドリュー・ハッカー『アメリカの二つの国民』(明石書店、1994年)、シーモア・M・リプセット『アメリカ例外論――日欧とも異質な超大国の論理とは』(明石書店、1999年、金重紘との共訳)、ティム・ワイズ『オバマを拒絶するアメリカ――レイシズム2.0にひそむ白人の差別意識』(明石書店、2010年)がある。

「2017年 『カリフォルニアのワイン王 薩摩藩士・長沢鼎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上坂昇の作品

アメリカの黒人保守思想――反オバマの黒人共和党勢力を本棚に登録しているひと

ツイートする
×