福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一

  • 明石書店 (2017年7月7日発売)
3.89
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :97
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750345338

作品紹介・あらすじ

西田哲学と福岡生命科学は驚くほど似ている!
生命の定義と知の統合に向かう京都学派の記念碑的成果!

「動的平衡」概念の提唱者・福岡伸一氏(分子生物学者)が、西田哲学の継承者・池田善昭氏(哲学者)を指南役に、専門家でも難解とされる西田哲学を鮮やかに読み解く。その過程で2人の碩学は生命の真実をがっちり掴む1つの到達点=生命の定義=にたどり着く……。
西田哲学を共通項に、生命を「内からみること」を通して、時間論、西洋近代科学・西洋哲学の限界の超克、「知の統合」問題にも挑んだスリリングな異分野間の真剣"白熱"対話。

福岡伸一訳西田幾多郎「生命」、池田―福岡往復メール、書き下ろし(プロローグ、「動的平衡」理論編、エピローグ)も収録!

福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中で読むのをやめた。
    なんだか、西田哲学に科学的(生物学的)根拠を与えたがっているかのようなさもしさを感じたからだ。
    哲学の役割は逆だろう。
    科学の成果をバネに、たとえそれがいくらか非科学的であっても、その向こう側へと飛び出していくこと。
    西田哲学が、いかに生物学における最先端をいっていたか。それを検証するなんて、言葉は悪いがまったくバカらしい。とはいえ福岡伸一氏はやっぱり文章がうまい。

  • 最高。特に最初の福岡さんのわからずやっぷりとかが最強。もはやサスペンス。で、時間と、エントロピーと、空間と、部分と、全体と、みたいな話がすげえ最高。知的刺激レベルでは本年川添愛に並ぶ。

  • 【投票者イチオシ】科学者が哲学をどのように捉えているかに関心があったので、ぜひ読んでみたい。https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1001111466/?lang=0

  • やはり哲学はかなり難しい。それに医学的要素が加わるとさらに難しい

  • 17/07/11。

全5件中 1 - 5件を表示

池田善昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
リンダ グラット...
三浦 しをん
佐藤 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一はこんな本です

福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一を本棚に登録しているひと

ツイートする