作品紹介・あらすじ

一冊の本を開くことは、すでにして一種の旅立ちではないだろうか。フランスのさまざまな土地にゆかりのある、中世から現代まで総勢60人の作家を通して、読者を旅に誘う。フランスを愛するすべての人に向けた、豪華執筆陣による珠玉のエッセイ集。エリア・スタディーズ〈文学編〉。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00260247

  • 東2法経図・6F開架 950.2A/N98f//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

仏文学者。東京大学大学院人文社会系研究科教授。著書に『ジャン・ルノワール 越境する映画』(サントリー学芸賞)、『異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論』(読売文学賞)、『アンドレ・バザン』等。訳書多数。

「2015年 『国境を超える現代ヨーロッパ映画250』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野崎歓の作品

ツイートする