前川喜平 教育のなかのマイノリティを語る――高校中退・夜間中学・外国につながる子ども・LGBT・沖縄の歴史教育

  • 明石書店
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750347141

作品紹介・あらすじ

学校や教室で、マイノリティの子ども・生徒の生きづらさに共感し、どうかかわっていけばいいか。日本の学校文化のなかで見過ごされてきたマイノリティ問題にとりくんできた現場の教員と長く教育行政にかかわってきた元文科省幹部職員が現状の問題点とこれからの課題を縦横に語りあう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かけ算が出来なくても入れて、かけ算が出来ないまま卒業できる高校が存在することに驚愕した。
    決して裕福ではなかったが、学歴に関して不自由のない機会を与えてくれた親に感謝する。
    韓国の歴史教育がおかしいと思っていたが日本も負けず劣らずだし、沖縄も含め、私が習ってきた自民党政権の教科書を信用してはいけないと思った。

  • 早稲田助教授lgbt

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年生まれ。奈良県出身。現代教育行政研究会代表。元文部科学事務次官。2018年から日本大学文理学部非常勤講師。
著書:『面従腹背』(毎日新聞出版)/共著:『定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半――忘却させない。風化させない。』(論創社)ほか。

「2021年 『これが民主主義か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前川喜平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
村上春樹
トマ・ピケティ
佐藤 優
塩田 武士
前川 喜平
エーリッヒ・フロ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×