世界神学をめざして――信仰と宗教学の対話

  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350202

作品紹介・あらすじ

世界的な宗教学者キャントウェル・スミスが宗教紛争の絶えない世界にあって、異なる宗教の共存と相互理解のために比較宗教学の新たな理論的な枠組み提示し、諸宗教が共有しうる「世界神学」を提唱。中村廣治郎氏による待望の日本語翻訳。

著者プロフィール

Wilfred Cantwell Smith 1916-2000
1916年カナダ・トロント生まれ。17歳の時にエジプトに滞在。トロント大学で中近東の言語・歴史を、ケンブリッジ大学でキリスト教神学とイスラーム学を修める。第二次世界大戦後、英領インド・ラホールのフォーマン・キリスト教大学でインド史・イスラーム史を講じ、カナダのマギル大学のイスラーム研究所初代所長、ハーヴァード大学の世界宗教研究所所長などを歴任。プロテスタントでありながらイスラーム学者として活躍するとともに、比較宗教学者として信仰を異にする者どうしの交流を研究の場に導入し、従来のキリスト教神学を超える「世界神学」を目指した。邦訳に『現代イスラムの歴史』(中公文庫)、『宗教の真理』(理想社)、『世界神学をめざして』(明石書店)。

「2021年 『宗教の意味と終極』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウィルフレッド・キャントウェル・スミスの作品

世界神学をめざして――信仰と宗教学の対話を本棚に登録しているひと

ツイートする
×